プレゼントやお食事会の日程って?

長い人生の中の節目の時の一つ、還暦。

 

いつもの誕生日は気軽な感じでも父親は母親が還暦を迎える時というには気合いが入りますよね。

 

還暦といえば60歳の誕生日なんて漠然と思っていたりしますよね。

 

還暦祝い,いつ,タイミング

 

でも本当のところいつなのか、またどのタイミングでのお祝いが適しているのかあまり知らない…という人も多いかと思います。

 

本来の還暦のお祝いというのは、数え歳の61歳という意味だそうです。

 

数え歳とは、生まれた年を1歳として数える年齢の数え方です。

 

翌年の元旦から年末までを2歳として数えるんですね。

 

つまり数え歳の61歳は、60歳になる年の元日から大晦日までのことを指します。

 

ですから以前は、60歳になる年のお正月から立春の頃までに還暦祝いを行うことが一般的であったそうです。

 

ですが今なら数え歳とかいわれてもピンとこないですよね。

 

ですから近年はわかりやすく60歳の誕生日を基準に還暦祝いを行うのが一般的になっているようです。

 

誕生日を目安にご家族やご親類の方々が集まりやすい日時を調整してお祝いを行うことが多いようですね。

 

もちろん皆で祝福することが大切なのであって細かいことは気にせずタイミングなんて臨機応変にという雰囲気というご家族が多いでしょう。

 

大切なのは気持ちだという考えは多くの方がお持ちだと思います。

 

今までの色んな思い出を振り返ったり、現在の状況を楽しく語ったり、これからの人生について話し合ったり。

 

皆でお祝いできれば、それ自体が最高のプレゼントになること間違いありません♪

 

 

還暦祝いにはプレゼントを!

 

そして還暦祝いといえば、今ならやっぱりプレゼントを思い浮かべますよね。

 

一昔前なら赤いチャンチャンコに帽子を還暦を迎える人に来てもらって記念撮影というイメージでしたが、今は違った形でお祝いをするという人の方が多いかと思います。

 

還暦を迎える人が赤いチャンチャンコを着た年配の方、というイメージは今はありませんよね。

 

60歳なんて全く長寿という感じもありません。

 

人生の通過点の一つという時ですし、体もお若い時と変わらないくらい動ける人も少なくなかったりします。

 

お仕事に遊びに毎日を積極的のお愉しみの方も多いですよね。

 

そんなお元気な60歳に贈る肝心な還暦祝いのプレゼント。

 

やっぱり迷いますよね。

 

何を贈ればいいのか分からない…という感じです。

 

いつもの誕生日とはちょっと趣きを変えたいし…、特別な気持ちをいつもの誕生日より伝えたいし。

 

定年を迎える方もいらっしゃるでしょうね。

 

その場合ならライフスタイルに変化があるのでその辺りを考えなら、貴重な時間を楽しんでもらえるようなギフトアイテムを選ぶのもいいですよね。

 

まずは還暦のお食事会の方向で考えたいですね。

 

皆で集まってのお食事パーティー、そのイベントの中でのプレゼントの贈呈です。

 

そのうえでの心の籠ったプレゼントなら何でも感動してもらえます。

 

 

還暦祝いのプレゼントをピックアップしています。

 

当サイトでご提案しているギフトアイテムをチェックしてみてくださいね。

 

もし会うことが難しい場合なら、プレゼントを一生懸命選んでギフト配送で送りたいです。

 

その場合、絶対メッセージカードを添えたいです。

 

還暦おめでとうという言葉を添えたいです。

 

できれば電話で生の言葉で伝えたいですよね。

 

照れくさかったりしますが、こういう時にちょっとした勇気を振り絞ることができる自分でありたいです。

 

きっとめちゃくちゃに喜んでくれます。

 

この上ない還暦祝いの贈りものになります♪

 

→ 還暦祝いのプレゼント!人気アイテムをピックアップ!